Die Präsentation wird geladen. Bitte warten

Die Präsentation wird geladen. Bitte warten

法解釈学とは何か 刑法における財物の意義をめぐる 論争を題材にして. 刑法における窃盗罪 y 刑法 (平成7年5月12日法律第91号 明治40年4月24日法律第45号) y 第36章 窃盗及び強盗の罪 y (窃盗) 第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗 の罪とし、十年以下の懲役に処する。 y.

Ähnliche Präsentationen


Präsentation zum Thema: "法解釈学とは何か 刑法における財物の意義をめぐる 論争を題材にして. 刑法における窃盗罪 y 刑法 (平成7年5月12日法律第91号 明治40年4月24日法律第45号) y 第36章 窃盗及び強盗の罪 y (窃盗) 第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗 の罪とし、十年以下の懲役に処する。 y."—  Präsentation transkript:

1 法解釈学とは何か 刑法における財物の意義をめぐる 論争を題材にして

2 刑法における窃盗罪 y 刑法 (平成7年5月12日法律第91号 明治40年4月24日法律第45号) y 第36章 窃盗及び強盗の罪 y (窃盗) 第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗 の罪とし、十年以下の懲役に処する。 y (強盗) 第236条 暴行又は脅迫を用いて他人の財物 を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有 期懲役に処する。

3 財物の意義 z窃z窃盗における財物とは何を意味 するのか? z法z法解釈学上の1論点 y有y有体物説と管理可能説

4 有体性説と管理可能説の対立 z 有体物説 y 財物は有体物にかぎる z 管理可能性説 y 管理可能なかぎり電力その他のエネル ギーをも含む

5 電気窃盗事件 z 大審院明治36年5月21日第一刑事部判決刑録九輯一四巻八七四頁 y 電気商会を営むXは、雇い人Yに命じ、電灯線に勝手に支線を 付して工場などに電灯をつけた。これが、旧刑法366条(窃 盗罪)の「他人の所有物」の窃盗にあたるか否かが問題となっ た。 y 第一審は窃盗罪を肯定したが、控訴審は、電気は「有体物(固 体・液体・気体)」ではないから「物」ではない(民法85条 参照)として無罪にした。これに対し、大審院は、「可動性」 と「管理可能性」があれば刑法上は電気は「物」であるとして、 破棄自判し有罪とした。 y 学説は、この判決を類推だとする説(有体物説)と拡張解釈に とどまるとする説(管理可能説)とに分かれた。その後、現行 刑法(明治40年)は、窃盗および強盗などの罪について「電 気は、財物とみなす」という明文の規定(245条)をおいた。

6 電気窃盗事件に対する法的な対処方法 z 1.「物」という言葉の解釈によって、電気も 物だとし、その盗用も窃盗だとして処罰するや り方 z 2.電気は物ではないから電気の盗用は窃盗罪 にはならないとし、新しく電気の盗用を犯罪と する法律を作って、これを処罰する方法 z 大審院は1をとった。後に2による立法的解決 が行われた。

7 残された問題 z 電気は立法的解決をみたが、その他の無体物に ついてはどうか? y 温度:となりの家の「冷気」を管で自分の家に導き入れて冷房したと きは、「空気」自体は物であるから、まだ窃盗とすることができるで あろう。しかし、温度そのものが「物」だとすると、他人の冷蔵庫に 無断で自分のビールを入れて冷やして取り出したときは、冷気の窃盗 だということになるのか。 y 動力:他人のトラックに無断で綱をつけて自分の車に結びつけ、ト ラックに自分の車を引っ張らせたときは、動力の窃盗ということにな るであろうか。 y 情報:新しい機械の設計図そのものをとったとき、「紙」は物である から、それが窃盗になることは当然であるが、自分のコピー用紙を 持っていって、設計図をコピーして持ち帰ったときは、窃盗罪が成立 するか? y その他:水力、空気の圧力、牛馬の牽引力、債権

8 法解釈学の問題点 z法z法という人為の産物であり時勢とともに 変遷する対象を扱う法学は厳密な意味で 学問の資格を有しない。立法者が三たび 改正のことばを語れば万巻の法律書が反 故 ( ほご ) と化する。 z法z法解釈学は科学 (Wissenschaft) たりえない のか z法z法の科学性とは何か


Herunterladen ppt "法解釈学とは何か 刑法における財物の意義をめぐる 論争を題材にして. 刑法における窃盗罪 y 刑法 (平成7年5月12日法律第91号 明治40年4月24日法律第45号) y 第36章 窃盗及び強盗の罪 y (窃盗) 第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗 の罪とし、十年以下の懲役に処する。 y."

Ähnliche Präsentationen


Google-Anzeigen