Die Präsentation wird geladen. Bitte warten

Die Präsentation wird geladen. Bitte warten

2005.2.25 Weather World 2005 「気象情報」への 地域診療所からの期待 魚沼市国保守門診療所遊佐昌樹.

Ähnliche Präsentationen


Präsentation zum Thema: "2005.2.25 Weather World 2005 「気象情報」への 地域診療所からの期待 魚沼市国保守門診療所遊佐昌樹."—  Präsentation transkript:

1 Weather World 2005 「気象情報」への 地域診療所からの期待 魚沼市国保守門診療所遊佐昌樹

2 Weather World 2005 魚沼市旧守門村の位置 旧守門村面積 120 平方キロ、人口 4854 人

3 Weather World 2005 地域の特性  大きな地震があった → 新潟県中越地震 → 新潟県中越地震  豪雪地帯だが例年以上の大雪となっている → 最近は2m程度、今年3.7m → 最近は2m程度、今年3.7m  人が少ない。高齢化進展。 → 人口密度 50 人弱 / 平方キロ、高齢化率30%超 → 人口密度 50 人弱 / 平方キロ、高齢化率30%超  町村合併があった →2004 年 11 月に北魚沼郡 6 ヶ町村が合併し魚沼市 に →2004 年 11 月に北魚沼郡 6 ヶ町村が合併し魚沼市 に 面積 947 平方キロ、人口 人 面積 947 平方キロ、人口 人

4 Weather World 2005 旧守門村での中越地震 月日時分計測震度震度階級 マグニ チュード 10 月 23 日 17 時 56 分 5.76弱6.8 10 月 23 日 18 時 03 分 5.56弱6.3 10 月 23 日 18 時 34 分 5.45強6.5 10 月 25 日 6 時 05 分 5.25強5.8 10 月 27 日 10 時 40 分 5.56弱6.1 11 月0 8 日 11 時 16 分 5.25強5.9 12 月 28 日 18 時 30 分 4.65弱5.0

5 Weather World 2005 中越地震被害概況 (旧守門村)  本震の震源から約 15km 離れている  住宅被害は山間の集落に集中  人的被害は少ない  道路被害が目立つも孤立した集落はなかった 人的被害住宅被害その他被害 死亡重軽傷半壊以上一部損壊道路被害がけ崩れ 新潟県 魚沼市 旧守門村

6 Weather World 2005 守門診療所の対応  救急医療 → 結果としてほとんど必要でなかった → 結果としてほとんど必要でなかった  日常医療の継続 → 守門診療所では全面的に可能 → 守門診療所では全面的に可能 → 福山僻地診療所は被災し福山体育館に緊急避難 → 福山僻地診療所は被災し福山体育館に緊急避難  在宅療養支援 → 地震直後の集団的介護に診療所が協力 → 地震直後の集団的介護に診療所が協力 → 在宅生活継続困難者の医療、介護施設への紹介 → 在宅生活継続困難者の医療、介護施設への紹介

7 Weather World 2005 旧守門村積雪量の変遷  1963 年:38(サンパ チ豪雪) 412cm 機械除雪への契機に  1981 年 :493cm 大倉の雪崩、 8 名死亡、 集落の 20 戸移転、 雪崩防止柵設置進む

8 Weather World 年 1 月外来患者内訳 総数744% 高血圧症54373.0 糖尿病16221.8 高脂血症14920.0 脳血管障害12316.5 心臓病9012.1

9 Weather World 2005 日常診療の役割  血圧の管理  もろもろの生活習慣病のコントロール  脳卒中や心筋梗塞の発症抑制  関節痛や腰痛の軽減を図ること  在宅療養の継続支援

10 Weather World 2005 死亡原因 (旧守門村) 死亡原因 1994 ~ 2003 合計 悪性新生物129 心臓病95 肺炎、気管支炎74 脳血管疾患72 老衰59 自殺39 事故30 その他80

11 Weather World 2005 積雪地高齢者冬の生活  外出や戸外での活動が極端に制限  雪下ろし、雪掘り、雪消し  年寄りは「こたつの番」  機会があれば体育館でゲートボール  ヒートショックを懸念

12 Weather World 2005 糖尿病外来体重変動

13 Weather World 2005 積雪地高齢者夏の生活  田んぼや畑での農作業  田んぼに出れなくても自宅周囲の草取りが ある  ゲートボール場は集落ごとに  春の山菜、秋のきのこは、山の恵み  張り切りすぎると膝腰が痛い  農閑期には湯治へ

14 Weather World 2005 湿布薬購入枚数  農繁期または戸外活動期に 多くなっている。  2 月 3 月には一番少ない。  関節痛、腰痛などの程度は 身体活動度と関連が高いと 考えている。

15 Weather World 2005 脳梗塞発症の一例  80 歳男性  2004 年 4 月 29 日  朝から自宅近くの畑で農作業中  午後 3 時ころ転倒した際に左半身が利かないのに 気づき病院を受診し入院となる。  多発性脳梗塞の診断  たばこ(+)

16 Weather World 月 29 日の気温  日中日射のもとで長時 間作業  日中の気温前日より 10 ℃以上高い  前日は冷たい雨、 当日は快晴  前日は冷たい雨、 当日は快晴

17 Weather World 2005 心筋梗塞発症の一例  85 歳女性  2003 年 7 月 9 日  高血圧治療中  午前 9 時半ごろ畑作業中に胸が苦しくなりうずく まっているところを近所の人に診療所に連れてこ られた。心電図にて心筋梗塞疑い、2次救急病院 へ搬送した。  2ヶ月前に帯状疱疹に罹患

18 Weather World 月 9 日の気温  気温上昇局面での発症  当日は 7 月の最高気温 を記録  午前日照あり夕方梅雨 前線による降雨あり

19 Weather World 2005

20 Weather World 2005

21 Weather World 2005 医学気象予報 ( medical weather forecast 、 Biowetter) 予想される天気図や、天気予報を利用して、発病や 病状 の悪化・回復傾向などを予想すること。健康な人間 でも、 その日の天気によって肉体的、精神的に影響をうけ るこ とがある。天気や季節の変化が、病気の発症や進行 に 関わりを持つ場合も少なくない。 ドイツ(ハンブルグ)では 1952 年以来発表されてい る 。

22 Weather World 2005 予報対象の疾患等 (ドイツ) apendizitis 虫垂炎 herzinsuffizienz 心不全 Reumatische beschwerden リウマチ性疾患 blutungen 出血傾 向 hypotoner kollaps 低血 圧 Schizophrenie 統合失調症 bronchitis 気管支 炎 koliken 腹痛 schlaftiefe 睡眠 depressionen うつ 病 kopfschmerzen 頭 痛 spasmem けいれん embolie 塞栓症 migrane 偏頭痛 stumpfschmerz 断端 痛 entzundungen 炎症 neurosis 神経症 subj. beschwerden 不定愁訴 epilepsie てんか ん pneumonie 肺炎 thrombose 血栓症 Erkaltungskrankheiten 感 冒 psychopathie 精神 病 traumat.enzephalitis 外傷性脳炎 glaukom 緑内障 reaktionszeit 反応時 間 unfallbereitschaft 事故遭遇 herzinfarkt 心筋梗 塞 reizbarkeit 易怒 性 (www.donnerwetter.de など )www.donnerwetter.de

23 Weather World 2005 日本の医学気象予報 対象疾患予報根拠対象疾患予報根拠 花粉症花粉飛散環境喘息気温低下 紫外線障害紫外線環境心筋梗塞気温、気圧 熱中症暑熱環境脳出血気温 インフルエンザ ウイルス流行環 境 脳梗塞気温、日較差 手足口病↑うつ気分 ヘルパンギーナ↑ストレス リウマチ気圧、気温低下交通事故 関節痛↑ ( バイオウェザー予報、健康天気予報等 )

24 Weather World 2005 広島県医師会心筋梗塞予報

25 Weather World 2005 心筋梗塞予報の基準、目的  1993 年~ 2002 年広島市救急車搬送心筋梗塞症例 3775 例の検討による。のちに県全体の症例追加  警戒:湿度補正平均気温 6 ℃未満かつ平均気圧 1013hPa 未満の日と寒冷前線通過時  注意:湿度補正平均気温 6 ℃未満かつ平均気圧 1013hPa 以上の日と帯状高気圧におおわれる場合  目的:心筋梗塞への注意を喚起し、異常を感じた ら早期の受診を勧奨する

26 Weather World 2005 気圧低下と慢性疼痛の増強  人工気象室における知見( Hollander1962) → 気圧を低下させ湿度を上げるとリウマチ疼痛が 悪化 → 気圧を低下させ湿度を上げるとリウマチ疼痛が 悪化  慢性疼痛モデル動物を用いた知見(佐藤、水村 ら) → 気圧低下、気温低下で慢性痛が増強 → 気圧低下、気温低下で慢性痛が増強  臨床現場での観察に基づく → いろいろなバイアスが働き、正確なデータ収集 困難 → いろいろなバイアスが働き、正確なデータ収集 困難  寒冷前線接近は慢性疼痛にとって警戒すべき状況 であるようだ

27 Weather World 2005 脳梗塞発症と気象条件  脳卒中の中で脳梗塞の占める割合が更に高まる  気温が低いときに多いが高温時にもピーク見られ る  気温日内較差が大きいときにも発症多い  主に徐ら (2004) を参照したが見解の一致を見ない 点も未だ多い ※肺炎気管支炎の死亡に夏冬 のピークを認めた ( 山中 1997) のピークを認めた ( 山中 1997)

28 Weather World 2005 天気の6類型 6 類型 ①普通の 好天 ②極めて よい天気 ③好天気 過度昂進 ④天気の 変わり目 ⑤荒天 ⑥安定の 始まり 天気図型 の例 移動性高 気圧 帯状高気 圧 南高北低 ( フェー ン ) 前線接近前線帯 寒冷前線 通過後 気温並みやや高い高い降下低い上昇 日較差大大小 気圧低下上昇 湿度低低高高 Ungeheuer(1955),www.wetteronline.de, を遊佐改変翻案

29 Weather World 2005 天気の6類型 ①普通の 好天 ②極めて よい天気 ③好天気 過度昂進 ④天気の 変わり目 ⑤荒天 ⑥安定の 始まり 全般良好良好 ( 熱中症 ) 急に悪化改善 気分快適 ( 抑鬱的 ) 不安定改善 睡眠深い深い障害障害更に障害改善 疼痛和らぐ悪化更に悪化改善 喘息良好リスク有悪化悪化改善 心臓病安定 ( 悪化 ) 危険不安定 Ungeheuer(1955),www.wetteronline.de, を遊佐改変翻案

30 Weather World 2005 ドイツの最近の一例 ー ドイツ北部向け ー  Prognose für Samstag, den  Ungünstige Reize  Tiefdruckeinfluss sorgt erneut für negative Wetterreize.  Viele fühlen sich abgeschlagen und matt.  Innere Unruhe, Kopfschmerzen und Atemwegsbeschwerden nehmen an Häufigkeit zu, da das Wetter nasskalt wird.  Auch Nachtschlafstörungen können durchaus mit der Wetterlage in einem Zusammenhang stehen.  Konzentrations- und Leistungsfähigkeit nehmen ab.  Stimmungsschwankungen sind möglich. (WetterOnline) (WetterOnline)  2005 年 2 月 19 日土曜日の予報  「好ましくない状況」  気圧の谷の接近でよくない気象 影響が懸念される。  多くの人はぐったりして気力の 減退を感じるであろう。  天気は湿っぽくて冷たくなるの で、いらいら感や頭痛、呼吸器 気管症状も頻度を増してくる。  このような気象状況ではどうし ても関連して夜間の睡眠障害が 起ってくる。  集中力や作業効率も低下する。  気分も揺れてくる。

31 Weather World 2005 身体に負荷となる気象条件と は? 適応が絶対困難 1. 暑熱条件 2. 酷寒条件  高地 ( 低圧 )  強風  紫外線環境

32 Weather World 2005 身体に負荷となる気象条件と は? 1. 前日比で変化が大きい  気温  気圧  湿度 2. 日内較差が大きい  気温  気圧 3. 変化が周期的ではない気象状況 これらをうまく情報として伝えられないか?

33 Weather World 2005 影響の大きい気象要素変動の例  気温の前日比5℃以上の上昇、下降  気温日較差10℃以上  気圧日内下降10 hPa 以上  湿度の有意の上昇

34 Weather World 2005 医学気象予報定着の条件( 1 )  その国(地域)の文化的側面 → 情報の受け取られ方、反応様式 → 情報の受け取られ方、反応様式  医療現場への浸透 → 病院外来との連携 → 病院外来との連携 → 医療側も予報内容を周知していること → 医療側も予報内容を周知していること  エビデンスの積み重ね  プッシュ型情報サービス → メールマガジン、地域 FM 、 CATV 、デジタル TV 、 FAX

35 Weather World 2005 医学気象予報定着の条件(2)  介護福祉現場での受容 → 健康を維持し在宅療養継続に役立てたい → 健康を維持し在宅療養継続に役立てたい → ホームヘルパーの生活助言への手掛かり → ホームヘルパーの生活助言への手掛かり  生活支援情報の一環 → 高齢者の行動指針になるように → 高齢者の行動指針になるように (地域高齢者の行動様式を知る) (地域高齢者の行動様式を知る)  予報精度の更なる向上、特に週間予報 → 一週間の行動予定をたてたい → 一週間の行動予定をたてたい

36 Weather World 2005

37 Weather World 2005

38 Weather World 2005

39 Weather World 2005

40 Weather World 2005 参考図書 書名編著者出版社・年 気象医学笠井和編 金原出版,1980 生気象学の事典日本生気象学会 朝倉書店,1992 気象と人間 ( 復刻 ) 神山恵三 紀伊国屋書店,1994 体温調節のしくみ入来正躬編 文光堂,1995 医学気象予報吉野正敏・福岡義隆 角川書店,2002 環境気候学 吉野正敏・福岡義隆 編 東京大学出版会,2003 病は気象から村山貢司 実業之日本社,2003 「気象病・季節病」 特集 和田攻監修 日本医師会雑誌,1992 「健康、アメニティ と気候、気象」特集 号 バイオクリマ研究 会 日本生気象学会雑誌 2004


Herunterladen ppt "2005.2.25 Weather World 2005 「気象情報」への 地域診療所からの期待 魚沼市国保守門診療所遊佐昌樹."

Ähnliche Präsentationen


Google-Anzeigen